テックタッチ、17.8億円の資金調達--ガイドナビツールで挑む「マニュアルレス」の世界

 ウェブシステムの画面上に操作ガイドを表示してサポートするSaaS「テックタッチ」を提供するテックタッチは1月11日、総額17億8000万円の資金調達を実施したと発表した。DNX Venturesをリード投資家として、メガバンク系投資家として、三菱UFJキャピタル、SMBCベンチャーキャピタル、みずほキャピタル、CVCとして、NTTドコモ・ベンチャーズ、電通ベンチャーズ、Sony Innovation Fund、BRICKS FUND TOKYO(三菱地所)、新規投資家としてTHE CREATIVE FUND、既存投資家としてDNX Ventures、DBJキャピタル、Archetype Venturesを引受先とする。これにより、テックタッチの累計調達額は24億円になった。

 テックタッチは、ウェブサイト上のあらゆるシステムに入力ガイドを設置し、ナビゲーションすることで、システムへの入力操作をサポートするノーコードのガイド・ナビゲーションツール。ビジネスアプリケーションなどを導入しても、使いこなせず、活用しきれないといった課題を解決するほか、導入時に必要となるマニュアル作成などの業務を減らし、業務効率化に結びつける。

 すでに、国内では200万ユーザーを突破し、ナンバーワンシェアを獲得。「当初は、日々の業務をサポートするための社内向けとして使用が中心だったが、ここ数年で、企業がユーザーに会員登録などをしてもらう際のガイドとして使われる『顧客向け』や、自治体などで利用してもらう『市民向け』などにも広がりを見せている。一見しただけでは使いこなせないシステムも多いと思うが、テックタッチを導入することで、誰でもシステムが使える世界を目指したい」(テックタッチ 代表取締役の井無田仲氏)と、変化を話す。

テックタッチ 代表取締役の井無田仲氏
テックタッチ 代表取締役の井無田仲氏

 ニーズの変化も踏まえ、今回の資金調達で得た資金は、新たなプロダクト開発と、人材獲得などに活用する計画。「現在、約80名いるスタッフの半数がエンジニアだが、今回の人材獲得ではセールスやカスタマーサクセス、新規事業担当の部署を拡充したい」(井無田氏)とする。

 「ここ数年事業を展開してきた中で、特に重要だったのがカスタマーサクセス。テックタッチはお客様がどのシステムを導入し、どんな風に使いたいのか、システムを導入することで解決したい課題はなんなのかという部分に寄り添って構築していくツール。自由度が高いがゆえに、実装の良し悪しによって効果がばらついてしまう。そのばらつきをなくし、きちんと効果がでるようにするために必要なのがカスタマーサクセスの部分。ここに力を入れることで、お客様がすぐに使えて、効果を実感できる」(井無田氏)と重要性を説く。

 一方で、品質管理にも時間をかけて取り組んだ。「システム上でナビゲーションを動かすのは難しい部分もあり、うまく適合しない可能性がゼロではない。ただ、だからといって不具合が出ました、では済まない。ここを徹底するためスクラッチから作り直した」(井無田氏)とする。

 ここ数年かけて向き合ってきたこの2つの課題は、テックタッチの大きな強みになっているとのこと。「お客様の環境はネットワークや使用しているバージョンなどが異なり千差万別。これに対応するのはもぐらたたきのようなもので、大きな力をかけないといけない。この部分を蓄積できていることは大きい。テックタッチのようなナビゲーションツールはサービスのクオリティを上げていくことが大事なポイント。こうした微に入り細に入り対応できるのは私たちが得意な部分」(井無田氏)と自信を見せる。

 2023年後半にはシンガポール、米国などへの海外進出も視野に入れる。加えて、「現在導入していただいている企業の従業員数は5000名以上が中心。さらに1000〜3000名の企業にも導入してもらえるよう、裾野を広げていきたい。私たちが目指すのはマニュアルレスへの挑戦。システムを導入しても、利活用が進まないケースは散見される。マニュアルという既存のソリューションではその部分は解決できない。作業効率をアップさせ、企業のDXを推進させていきたい」(井無田氏)と今後を見据えた。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]