任天堂、「スプラトゥーン3」の国内販売本数が発売後3日間で345万本を突破

佐藤和也 (編集部)2022年09月12日 18時36分

 任天堂は9月12日、同社が9月9日に発売したNintendo Switch用ソフト「スプラトゥーン3」について、国内販売本数が発売後3日間で345万本(販売本数にはパッケージ版とダウンロード版を含む)を突破したと発表。Nintendo Switch用ソフトの発売後3日間の国内販売本数として、過去最高の販売本数という。

 本作は、同社が展開している「スプラトゥーン」シリーズ最新作。ヒトの姿に変身する不思議なイカを操作するアクションシューティングゲームで、2015年5月にWii U用ソフトとして「スプラトゥーン」を、2017年7月にNintendo Switch用ソフトとして「スプラトゥーン2」を発売した。

 今回発売した「スプラトゥーン3」は、シリーズの基本的なルールを踏襲しつつ、新たなブキやスペシャルウェポン、アクションなどを追加。さまざまなものが入り乱れた混沌の街である「バンカラ街」を舞台に、「ナワバリバトル」のほかに、多彩なギミックが待ち受けるステージを攻略していく1人用の「ヒーローモード」や、最大4人で協力して遊ぶ「サーモンラン」など、バリエーションに富んだモードを楽しむことができる。なお、オンラインで世界中のプレイヤーと対戦するが可能であるほか、Nintendo Switch本体を持ち寄ってのオフライン対戦もできる。

 今後は、発売後2年にわたってアップデートを行い、ブキやステージを継続的に追加するほか、お題に対して3つのチームに分かれて勝敗を決める「フェス」など、ゲーム内イベントを定期的に開催する予定としている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]