ARグラス「Nreal Air」がmacOSにネイティブ対応--空間上に仮想マルチ画面を構築

 日本Nrealは8月24日、スマートグラス「Nreal Air」の機能拡張を発表した。2022年9月中に、これまでAndroid専用だった3Dインタラクティブアプリ「Nebula」をmacOSに対応させる。これによって、MacでもNreal Airだけで最大3画面のマルチスクリーン環境を構築できるようになる。


 Nreal Airは、4m先に130インチ相当の映像を表示できるサングラス型のデバイスだ。重量は79g。半透過型で装着中も視界が遮られることはないが、専用のシェードを用いれば透過を無くすこともできる。ソニー製のマイクロ有機ELモジュールを搭載し、解像度はフルHD。sRGBカバー率108%の広色域や、10万:1のコントラスト表示もうたっている。


Nreal Airのスペック ※スライドでは90Hzとあるが60Hzの誤り

Nreal Air

 これまでも、画面のミラーリング機能であればマルチデバイスでNreal Airを利用できたが、仮想マルチスクリーンを含むAR機能はハイエンドAndroidスマートフォンでの利用に限られていた。今回、新たにmacOSに対応した格好だ。

 なお、Windows PC向けNebulaアプリも現在開発中だという。ただ「Windowsデバイスは製品の種類が多く、全てに対応させることは困難」(Yeo氏)として、市場占有率の高い、いくつかのWindows PCへの対応を目指し開発を進めているという。

Nreal 副社長 兼 日本Nreal 代表取締役のJoshua Yeo(呂正民)氏
Nreal 副社長 兼 日本Nreal 代表取締役のJoshua Yeo(呂正民)氏

 あわせて、Nebulaアプリの機能強化も発表した。同アプリの機能である「AR Space」でアイコンが大型化したほか、空間をより一層広く利用できるようになったという。また、首を上下に動かすことで、ウェブページをスクロールできるブラウザ機能も追加される。

 このほか、2022年9月末から、さまざまな端末とNreal Airを接続できる純正アダプター「Nreal Adapter」も販売する。希望小売価格は税込8980円となる。

Nreal Airをグローバル市場にも展開

 加えて、これまで日本専売だったNreal Airを中国および米国で販売することも発表した。中国企業である同社が、なぜNreal Airを日本で先行発売したのか、その理由についてYeo氏は「日本はOECD諸国で米国に匹敵するほど開発者からの引き合いが多かった。フィードバックを得るのに最適だった」と説明した。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]