Cygames、「メタルマックス」関連事業を譲受--“戦車と犬と人間のRPG”をリブート

佐藤和也 (編集部)2022年07月29日 12時31分

 Cygamesは7月29日、KADOKAWAならびに角川ゲームスが所有する「メタルマックス」関連事業に関して事業譲渡契約を締結し、同事業を譲受した事を発表した。

 「メタルマックス」は、1991年5月にファミリーコンピュータ用ソフトとして初代作を発売。プレイヤーが戦車に乗り悪人やモンスターを退治するハンターとなって活躍する“戦車と犬と人間のRPG”として、シリーズ展開を行っていた。

 現状では、今後のメタルマックスシリーズにおける展開などは未定としているが、「30年の歴史を持つ『メタルマックス』シリーズの新たな未来の創造に向け尽力する」としている。なお、シリーズ原作の宮岡寛氏はCygames所属のディレクターとして携わっていくとしており「『メタルマックス』シリーズをガチでリブートする仕事に取り組んで参ります」、プロデューサーを務める高木謙一郎氏は「最高のコンシューマータイトルとすべく、これよりプロジェクトを始動いたします」と、それぞれコメントしている。

(C)Cygames, Inc.

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]