NEXCO東日本、アバターによる有人遠隔接客サービスの実証実験--窓口業務を遠隔に

 東日本高速道路(NEXCO東日本)は6月2日、デジタル・フロンティアとアバターによる有人遠隔接客サービスの実証実験を開始すると発表した。

 6月14日〜6月27日の期間、常磐自動車道(E6)守谷サービスエリア下り線、インフォメーションコーナーで実施し、対面で行っていた窓口業務を有人遠隔接客サービスへ置き換えるという。

キャプション

 デジタル・フロンティアがユニキャストと共同で開発したアバターによる有人遠隔接客サービス「KSIN(けしん)」を採用し、守谷サービスエリア下り線のインフォメーションコーナーに、アバターを表示するデジタルサイネージを設置する。

キャプション

 操作する人間(オペレーター)の表情をリアルタイムにアバターに反映、豊かな感情表現を実現できるため、エリアコンシェルジェは遠隔、非接触で対面のような自然な接客ができるという。

キャプション

 非接触のアバター越しで多様な顧客ニーズに応える新たな体験を提供し、利便性の向上を図る。また、エリアコンシェルジェの新たな働き方も検討する。

 なお、同実験は、令和3年9月より募集していたアクセラレータープログラム「ドラぷらイノベーションラボ」において、採択された企業との取り組みとなる。

 ドラぷらイノベーションラボは、同社のオープンイノベーションを一層促進し、新たな技術やサービスアイデアなどを持つ会社などと、ラボを通じて技術、ビジネスモデルを検証。次世代の高速道路サービスの実現や地域の活性化、社会課題を解決するような事業を創出するという。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]