地球観測衛星、スペースデブリとの衝突を緊急回避--一部始終が明らかに

Amanda Kooser (CNET News) 翻訳校正: 佐藤卓 長谷睦 (ガリレオ)2022年05月19日 12時04分

 欧州の重要な地球観測衛星が、緊迫のニアミスを経験した。フランスに本部を置く欧州宇宙機関(ESA)は現地時間5月18日、「Sentinel-1A」と呼ばれる衛星がスペースデブリ(宇宙ごみ)をすんでのところでかわした状況を、一連のツイートで詳しく説明した。ESAは、2021年にロシアが行ったミサイルテストが、使われなくなった人工衛星「Cosmos」を破壊し、その破片を軌道上に散乱させたとして非難している。

Sentinel-1,
Sentinel-1はSentinel-1AとSentinel-1Bで構成される
提供:Illustration by ESA/ATG Medialab

 5月16日、Sentinel-1AはESAの言う「きわめて危険な衝突」を回避するために一連の緊急回避動作を行った。

 Sentinel-1Aは、ESAの地球監視プログラム「Copernicus(コペルニクス)」の一翼を担う衛星で、原油流出の検知と追跡、海氷のマッピング、地表の変化の監視、それに自然災害への対応に役立つデータを提供している。

 この衛星が軌道を変更したのは、直径数cmのデブリの破片1つを避けるためだった。ごく小さな破片でも、その衝撃は衛星に損傷を与える可能性がある。そこでESAは、Sentinel-1Aの軌道を140mずらした。「(破壊される前の)人工衛星CosmosはSentinel-1より200km以上低い軌道を周回していたが、爆発時に放出されたエネルギーによって破片がはるか上まで押し上げられ、われわれの軌道を横切るようになった」とESAは記している。チームはわずか数時間のうちに、軌道変更動作を計画して実行したという。

 Sentinel-1Aは今のところ安全だが、ESAは「スペースデブリの(意図的な)生成が宇宙環境全体にもたらす壊滅的なリスク」に警告を発している。ロシアが前述のミサイルテストを実施した際、米国はその行為を無謀だと評していた。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]