ユミルリンク、SMSやIVRによる認証をサポートする「Cuenote Auth」の提供を開始

佐藤和也 (編集部)2022年05月18日 19時08分

 メッセージングプラットフォーム「Cuenote(キューノート)」を展開しているユミルリンクは5月18日、認証サービス「Cuenote Auth(キューノート オース)」の提供を開始した。

 Cuenoteシリーズは、メール・SMS配信サービスを主軸としたクラウドサービス。Cuenote Authでは、認証コードの自動生成、SMS・IVR(音声自動応答)を活用した認証をAPIで提供。本人認証の仕組みを簡単かつ、短期間で導入することができるとうたう。

 Cuenote AuthのAPIにリクエストするだけで、「認証コードの生成」、「SMS・IVRによる認証コードの通知」、「認証画面の表示及び認証処理」、「認証結果の取得」など、一連のプロセスを実行させることが可能。また、APIはRESTful形式を採用。容易に連携可能なことから、導入における開発工数が低減できるという。

 オプションとなっているIVR連携機能では、SMSの受信をサポートしない電話番号(固定電話回線)へ音声発信により、認証コードを通知することが可能。認証に利用する電話番号をCuenote Auth側で判定し、IVRによる音声通知に自動で切り替わるため、幅広いユーザー・端末における本人認証をサポートする。

 最後に認証を行ってから、一定期間は同一端末からの再度の認証手続(認証コードの発行~ユーザーでの番号入力)を不要とすることが可能。認証コードの通知に利用するSMSやIVRは、送信数に応じてコストが掛かるが、一定の期間は再認証不要とすることで、ユーザービリティを低下させることなくコストを抑えることができるとしている。

 今回のリリースではSMS・IVRによる認証をサポートするが、今後についてメールなど他の認証手段についても順次提供を行い、対応チャネルの拡充を図るとしている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]