ビジネスチャットのChatwork、企業向けMVNO事業に参入--「freebit MVNO Pack」採用

飯塚 直 藤代格 (編集部)2022年04月26日 07時00分

 ビジネスチャット「Chatwork」を運営するChatworkは4月25日、仮想移動体通信事業(MVNO)に新規参入すると発表した。

 フリービットのMVNO支援パッケージサービス「freebit MVNO Pack」を採用し、法人や個人事業主といった企業を対象に、「Chatwork Mobile」を提供する。

キャプション

 Chatwork Mobileでは、月額利用料3280円(税別)で1回につき10分間のかけ放題(10分を超過した場合は30秒ごとに20円)と、高速データ通信3GB付きのプランを提供する。通信容量を超過した場合は最大200kbpsの低速通信モードで利用できるが、1GBごとの追加チャージもできる。

 料金は端末リース代込みとなっており、iOS端末は「iPhone7(シルバー、32GB)」の1機種、Android端末は「Xperia XZ3(ボルドーレッド、64GB)」と「Galaxy Feel(インディゴブラック、32GB)」の2機種を用意する。iOS端末は5500円、Android端末は3300円の事務手数料(税別)が発生する。

 最低利用期間や解約違約金は設定しておらず、いつでも解約可能。ただし、月途中の解約については、その月の月額料金と従量課金分(初月の場合はそれに加えて初期費用)が請求される。

 バッテリー経年劣化などによる故障や端末利用不可の場合は原則として無償で対応する。ただし、利用者の過失が認められる場合は1台ごとに1500円、悪意や故意、重過失が認められる場合は1台ごとに5万円の有償交換になるという。紛失、未返却の場合も1台ごとに5万円が発生するという。

キャプション

 そのほか、24時間365日のサポート体制を標準搭載する。なお、有人電話対応は平日9〜21時で、有人電話対応外の時間はBotによる自動応答になるとしている。

キャプション

 同社は、2025年以降にChatworkが中小企業のビジネスの起点となるプラットフォームになることを目指している。そのための中期経営計画の戦略のひとつとして、新サービスを含めたDXソリューション戦略を計画。Chatwork Mobileの提供は、DXソリューション戦略における自社開発での新規サービス立ち上げの一環になるという。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]