ソニーネットワークコミュニケーションズとSun Asterisk、NFT事業会社をシンガポールに設立へ

 ソニーネットワークコミュニケーションズとSun Asteriskは4月11日、NFT(Non-Fungible Token:非代替性トークン)に関する開発の受託、コンサルティングを事業とする新会社としてSony Network Communications Singaporeをシンガポールに設立したと発表した。

キャプション

 資本金は、120万シンガポールドル。出資比率は、ソニーネットワークコミュニケーションズが70%、Sun Asteriskが30%となる。Chairmanは、ソニーネットワークコミュニケーションズで代表取締役 執行役員社長を務める渡辺潤氏が務める。

 近年、NFTの市場は急速に拡大し、更なる普及が期待されている。また、NFTは唯一無二のデジタルデータとして、ゲーム、アート、スポーツ、音楽、不動産など、さまざまな業界で新たなビジネスの構築や活用が進んでいる。

 新会社は、ソニーネットワークコミュニケーションズの通信事業やサービスソリューション事業などにおける知見や実績と、Sun Asteriskの保有する開発、運用リソースや、ノウハウ、技術力を活用。拡大が続くNFT市場において、開発の受託、コンサルティング事業を推進し、今後の“ウェブ3.0”の世界において創出される多様な経済圏への貢献を目指すという。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]