AnyMind Group、複数のECチャネルを横断的につなぐマネジメントプラットフォーム

藤代格 (編集部)2022年04月06日 12時17分

 AnyMind Groupは4月6日、ECマネジメントプラットフォーム「AnyX(エニーエックス)」の提供を開始すると発表した。複雑化する国内外複数ECチャネルの管理を一元化し、効率的に運用できるという。

キャプション

 日本とアジア各国、地域のECモール、自社ECサイトといった複数のECチャネルのデータを横断的につなぎ、一元管理できる。アマゾンや楽天、Shopee、Lazada、Shopifyなどが運営するECモール、自社ECサイトなどに対応し、ECチャネル運営の最適化、売り上げの向上を支援するという。

 生産や仕入れ向けの「AnyFactory」、チャットコマース向けの「AnyChat」といった、AnyMind Groupのプラットフォームにも順次対応する。

AnyXの活用イメージ
AnyXの活用イメージ

 ECチャネルの一元管理のほか、データ分析などもできる。豊富な実績を元にした運用の支援、各国、各市場のローカルの知見を生かした越境展開、海外販売など、EC事業の成長に向けた幅広いソリューションを提供するとしている。

AnyXの提供サービスイメージ
AnyXの提供サービスイメージ

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]