産直アプリのポケマル×LAC、収穫体験など生産現場の体験サービス開始

 生産者と消費者をつなぐ産直アプリ「ポケットマルシェ」を運営するポケットマルシェは、LIFULLが運営する場所に縛られない働き方・生き方を実践するコミュニティ「LivingAnywhere Commons」(LAC)と共同で、宿泊と食の生産現場での体験をセットにした新サービス「生産者さんに会いに行こう!ポケマル×LAC GOTO生産現場」の提供を4月より開始する。


 同サービスは、収穫体験や調理体験といった生産現場での体験と、全国に32拠点を構えるLACでの宿泊がセットになっているのが特徴。体験商品の購入者には、生産現場近郊のLAC施設の宿泊費用を全額補助するクーポンが進呈される(宿泊プランのアップグレードは差額を払う必要あり)。また、体験商品の購入費について、2000円の補助が受けられる。

 同社が2月に発表した「産直アプリを通じた関係人口創出に関する生産者調査」では、8割以上の生産者が「お客さんに自分が住んでいる地域を訪問してほしい」と回答。生産者の多くに「地域を訪れる形の関係人口」を創出する意欲があることがわかった。一方で、実際に「お客さんが生産現場を訪れたことがある」と回答した生産者は約6%のみとなっていた。

 また、2021年8月に実施した調査では、半数以上の消費者が「地域を訪れたい」と回答しているが、実際に「生産現場に訪問したことがある」と回答した消費者は約3%だった。

 そこで同社は、「地域を訪れる形の関係人口」の創出を促進すべく、LACとともに、生産者さんに会いに行こう!ポケマル×LAC GOTO生産現場を開始する。

 消費者に生産現場にて地域の魅力を感じながら、生産者との関係性を深めてもらい、現地を訪れる形の関係人口創出を目指すという。

 なお、同サービスの第1弾は、4月に「そら豆収穫・講話・畑見学!」(実施日4月29日、税込4400円、千葉県館山市)、「クレソン収穫体験・クレソンバーガーを食べよう!」(実施日4月16日、税込6600円、静岡県下田市)、「ぶどう農園で栽培体験とピザ作り。大自然を満喫する農業ライフスタイルを楽しもう!」(実施日4月16日・4月23日・4月30日、税込4400円、山梨県北杜市)の3商品をラインアップする。

 また、第2弾として5月〜7月に3商品を、第3弾は8月〜11月に10商品を予定している。


CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]