エイベックス、PCとウェブカメラだけで3Dキャラを全自動で動かせるVTuberツールを提供

 エイベックス・テクノロジーズは、ウェブカメラとPCだけで3Dキャラクターモデル(アバター)を全自動で動かすことができるPC用ソフトウェア「RiBLA Broadcast (β)」を、2月16日から無料提供を開始した。

 これば、PCとウェブカメラを活用してアバター(VRM形式)を操作できるツールソフト。ユーザーの動作や表情の情報をカメラ映像から自動で取得し、AIで骨格推定や表情認識を行うことで、ユーザーにあわせてキャラクターが動く。専用のトラッキング機材を導入することなく、誰でもすぐに全自動でアバターを動かすことができるというもの。手動で表情を切り替えたり、細かな動きの調整も可能。無料配信ソフトウェア「OBS Studio」と組み合わせることで、YouTubeやTwitchをはじめとする動画配信プラットフォームで生配信を行うことがでる。

「RiBLA Broadcast (β)」ユーザーイメージ
「RiBLA Broadcast (β)」利用イメージ

 あわせて、イラストレーターのkonomi(きのこのみ)先生がキャラクターデザインした「RiBLA」初のオリジナルキャラクター「生駒ミル(いこま みる)」「九条フレカ(くじょう ふれか)」のアバターを無償提供。これらのアバターは「RiBLA Broadcast (β)」のほか、3Dモデルを扱えるソフトウェアやVR向けSNSなどで利用できる。今後もラインナップは追加予定としている。また、生駒ミルと九条フレカのオリジナルグッズを予約発売も行う。

九条フレカ(画像左)、生駒ミル(画像右)
九条フレカ(画像左)、生駒ミル(画像右)
3Dアバターイメージ
3Dアバターイメージ

(C)Avex Technologies Inc.

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]