Spotify、日本の音声コンテンツクリエイター支援施策を拡充--新たに1億円を拠出

佐藤和也 (編集部)2022年01月27日 14時12分

 オーディオストリーミングサービス「Spotify」は1月27日、国内の音声コンテンツクリエイターを支援する「クリエイター・サポート・プログラム」を拡充することを発表。新たに総額1億円を拠出する。あわせて、同プログラムを通じて創作活動を支援する第1期クリエイターの募集を開始した。

 クリエイター・サポート・プログラムは、日本において2021年1月から開始されており、音声コンテンツクリエイターが魅力的な作品を制作し、リスナーを広げ、音声分野でキャリアを築くことを後押しすることが目的。「発掘」「共有」「育成」の3つの軸で活動を支援しているという。

 今回の追加投資により、創作活動を継続するために支援を必要とするクリエイターに対して、これまで以上に包括的で充実したサポートを提供するとしている。具体的には、再生回数やフォロワー数をはじめとするSpotify上でのデータに応じて、対象クリエイターの番組に月額3万円から100万円までの制作支援金を提供するほか、番組の収録を目的とした「Spotify Studios Tokyo」(東京・渋谷)の優先利用権の提供、ノウハウやナレッジの共有を目的としたオンラインセミナーの実施、クリエイター同士が集う交流イベントの定期的な開催、リスナーとのコミュニティ形成を目的にしたイベントの運営サポートが用意されている。

 サポート対象は、ポッドキャスト分野で国内初のアワードとなる「Japan Podcast Awards」内に設立された「Spotify NEXT クリエイター賞」の受賞者や、Spotifyが展開するポッドキャストクリエイター養成プログラム「Sound Up」の受講経験者、さらにはSpotifyが提供する音声配信プラットフォーム「Anchor」で番組を配信するクリエイターから個人・法人を問わず応募を募り、Spotify内での選考を経て決定するという。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]