走行距離で「Tポイント」が貯まるカーナビアプリ--CCCマーケティングらが実証実験

飯塚 直 藤代格 (編集部)2022年01月19日 16時22分

 CCCマーケティングは1月19日、カーナビゲーションシステムのノウハウを有するトヨタグループのトヨタコネクティッドと共同で、カーライフ・マーケティングの進化を図る実証実験を開始すると発表した。「Tポイント」が貯まるカーナビアプリ「HAPPY DRIVE CLUB」のアプリ開発、データベース構築で連携し、技術力、ナレッジ、データを連携させた実証実験を実施する。

 HAPPY DRIVE CLUBは、「Tカード」番号を登録した「Yahoo! JAPAN ID」を利用する2000人を対象とした、モニター当選者限定のカーナビアプリ。走行距離10キロに応じてTポイントが1ポイントが貯まるほか、利用した提携店舗数に応じたポイントが獲得できる。

キャプション

 今回の実験では、ポイントインセンティブによる生活者の行動変容、シングルIDに紐づく移動データと購買データの分析による新たなデータ活用の可能性などを実証する。モビリティ業界が抱える社会課題の解決、新しいカーライフの価値創造へつなげるという。

 実施時期は、1月19〜31日で、実験地域は、東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県、群馬県、栃木県、茨城県。

 同実証実験は、Tカード番号を保有する7000万人超の「T会員」のライフスタイルデータを軸に、CCCマーケティングが「MaaS(Mobility as a Service)企画推進プロジェクト」として進める、カーライフ・マーケティングの取り組みの一つになるという。

 同社は今後、実験で得た示唆やデータ活用の可能性を基に、さまざまな地域や自治体と連携。地域が抱える移動の課題解決や地域創生、地域活性化につながるサービスの構築と提供を目指していく。

 また、同アプリの対象地域を日本全国に広げ、Tポイントが貯まるカーナビアプリとして恒常的に提供することも検討するとしている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]