NFLアーロン・ロジャース選手、給与の一部をビットコインで受け取りへ

Julian Dossett (CNET News) 翻訳校正: 中村智恵子 高橋朋子 (ガリレオ)2021年11月02日 14時10分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米ナショナルフットボールリーグ(NFL)のGreen Bay Packersに所属するクオーターバック、Aaron Rodgers選手は米国時間11月1日、給与の一部をビットコインで受け取ることを明らかにした。送金サービス「Cash App」が同氏と提携し、ビットコインを使った支払いの促進に取り組む。

Green Bay Packers' Aaron Rodgers to take part of salary in Bitcoin
提供:Robin Alam/Icon Sportswire via Getty Images

 Rodgers氏は、自身のソーシャルメディアアカウントに投稿した動画で、Cash Appとの提携を発表した。さらに、提携の一環として、ビットコインで総額100万ドル相当をファンに提供するという。この「Aaron Rodgers Bitcoin Giveaway」の公式なルールはCash Appのウェブサイトで確認できる。

 Rodgers氏は、Cash Appの親会社Squareによる声明の中で、「私は仮想通貨(暗号資産)の未来にワクワクしており、ビットコインを大いに信じている」と述べている。

 Rodgers氏は、同日午後にソーシャルメディアの公式アカウントに投稿した動画で、ハロウィーンの仮装をしているようだ。アクション映画「ジョン・ウィック」の主人公の装いで、グラスの飲み物を口にし、カメラに向かって「Bitcoin to the moon」と言った後、提携とキャンペーンについて話した。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]