ドコモ、10月から「解約金制度」を廃止へ--いつ解約しても無料

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTドコモは9月21日、同社の通信プランを定期契約したさいに設定している「解約金」制度を10月1日から廃止すると発表した。同時に、解約金の安価な料金プランへ変更した場合に、変更前の契約満了月まで従来の解約金を留保する制度も合わせて廃止する。この変更にあわせ、従来の2年定期契約プランも9月30日に新規受付を終了する。

10月以降は、いつ解約しても解約金は発生しない(ドコモサイトより)
10月以降は、いつ解約しても解約金は発生しない(ドコモサイトより)

 同社の料金プランでは、2019年9月末に契約したプランでは1万450円(2年契約時)、2019年10月以降に契約したプランでは1100円の解約金が発生していたが、10月以降は無料となる。なお、同社が提供する「ドコモ光」は対象外。

 また、カケホーダイプランなどを2年定期で契約していたユーザーに対して、契約更新時にdポイント3000ポイントを進呈していた「更新ありがとうポイント」制度も10月から廃止する。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]