デノン初の完全ワイヤレス--ハイファイオーディオの「Vivid & Spacious」音引き継ぐ

加納恵 (編集部)2021年09月17日 12時11分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ディーアンドエムホールディングスは9月17日、デノンブランドから完全ワイヤレスイヤホン「AH-C830NCW/C630W」(想定税込価格:1万9800円/9900円)を発表した。ハイファイオーディオのサウンドコンセプト「Vivid & Spacious」を引き継ぐ音作りになっている。発売は10月中旬。

「AH-C830NCW/C630W」。いずれもブラック、ホワイトの2色をそろえる
「AH-C830NCW/C630W」。いずれもブラック、ホワイトの2色をそろえる

 デノンが完全ワイヤレスイヤホンを発売するのは今回が初めて。サウンドマスターを務める山内慎一氏は「今までの完全ワイヤレスイヤホンで感じていた違和感のない音作りを目指した。中庸かつ分解能の高い音質で、上位機となるC830NCWは、低音の深みを感じさせ、音の輪郭やベースの弾力感などの表現力を向上させている」と表現する。

 C830NCWは、フィードバック、フィードフォワードの2つのマイクによる「2マイク・ハイブリッド・アクティブ・ノイズキャンセリング」機能と外音の取り込みをワンタッチで切り替えられる「周囲音ミックス」機能を備えた高機能モデル。通話用マイクと合わせ、片側に計3つのマイクを備え、周囲の騒音が多い環境でも、話し声をしっかりと拾い、相手の声もクリアに再生する通話機能を備える。

 11mm×10mmの楕円形のダイナミックドライバーを備え、装着と取り外し動作を検知し、音楽の再生、一時停止を自動でする「装着検出」機能も装備。Android OSデバイスと簡単にペアリングができる「Google Fast Pair」にも対応する。イヤホン本体の重さは5.3g。本体のみで最長6時間、充電ケースとの併用で約19時間の使用が可能だ。

 ノイズキャンセリングのオン、オフ、外音取り込みなどは、イヤホンの本体をタッチすることで切り替えが可能。すぐに反応できるよう、音声ガイダンスは採用せず、効果音のみで切り替えを知らせている。

「AH-C830NCW」
「AH-C830NCW」

 C630Wは、10mmのダイナミックドライバーを搭載。「基本設計の良さ」(山内氏)にこだわった音作りになっているとのこと。C830NCW同様にタッチセンサーを備え、タップ1回で再生、一時停止、2回で曲送り、3回で曲戻しが可能。内蔵マイクにより通話にも対応する。

「AH-C630W」
「AH-C630W」

 両機種ともに、スティック付きの形状を採用。「装着時に一発でベストポジションに収まる形を目指した。落ちても転がらず、探しやすい」(ディーアンドエムホールディングス 国内営業本部営業企画室デノンブランド担当の田中清崇氏)とのこと。10分の充電で50分の再生ができるが、急速充電には対応しておらず「バッテリに負荷がかかるため、通常充電で対応している」(田中氏)とする。対応コーデックはSBCとAAC。

3サイズ(S/M/L)のデュアルレイヤー・シリコン・イヤーチップと充電用USBケーブルが付属する。
3サイズ(S/M/L)のデュアルレイヤー・シリコン・イヤーチップと充電用USBケーブルが付属する。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]