UAEのスパイ活動に関与疑いの3人に罰金1.8億円--VPN大手の幹部も

Rae Hodge (CNET News) 翻訳校正: 緒方亮 長谷睦 (ガリレオ)2021年09月16日 13時10分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米国でかつて情報機関や軍に属していた3人の人物が、ハッキング関連の容疑に関して米司法省に合計168万5000ドル(約1億8400万円)の罰金を支払うことで合意した。この3人の中には、主要VPNプロバイダーのExpressVPNで最高情報責任者(CIO)を務める人物が含まれていた。

米司法省
提供:Samuel Corum/Getty Images

 米国時間9月14日にこの件を最初に報じたReutersの記事によると、ExpressVPNのCIOを務めるDaniel Gericke氏ら3人は、かつて米国の情報機関の工作員あるいは軍人として「Project Raven」に関与し、アラブ首長国連邦(UAE)の雇われハッカーとして活動。この際にUAEの敵国へのスパイ活動に協力したという。

 米司法省の発表によると、被告3人は起訴猶予と引き換えに、米国当局への協力と罰金の支払いに同意した。3人はまた、外国および米国でのセキュリティクリアランスを剥奪され、今後の就業についても制限が設けられる。この発表の前日となる13日には、ExpressVPNが、Kape Technologiesに9億3600万ドル(約1022億円)で買収されることを発表している。Kape Technologiesは、かつてアドウェアを配信していた企業で、イスラエルの監視エージェントかつてインサイダー取引で有罪判決を受けた富豪が共同で設立した企業だ。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]