LED照明「Philips Hue」、Spotifyの音楽と同期--明るさや色がビートに連動して変化

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Signifyは、スマートLED照明「Philips Hue」シリーズにおいて、照明の明るさや色が音楽ストリーミングサービス「Spotify」で再生する曲に応じて変化する機能「Philips Hue + Spotify」を提供開始した。

照明がSpotifyの音楽に連動(出典:Signify)
照明がSpotifyの音楽に連動(出典:Signify)

 この機能は、Spotifyで再生している曲に合わせて、Philips Hueの光り方を変える。Spotifyに登録されている曲の情報を参考にするだけでなく、再生時のビートや音の変化も解析し、照明の色を変化させたり、点滅や増光、減光させたりする。曲の雰囲気に合わせ、ジャンルやテンポ、音程、音量なども考慮して照明を演出するそうだ。

 利用するには、対応しているPhilips Hueシリーズの照明器具と、制御用の接続デバイス「Hue Bridge」、Spotifyの音楽を再生可能なPCやスマートフォン、スマートスピーカーが必要。Spotifyのアカウントは、無料プランでも構わない。設定や操作は、「Philips Hue App」を使う。

設定はアプリから(出典:Signify)
設定はアプリから(出典:Signify)

 Spotify連携機能は、世界各地の「Philips Hue App 4」ユーザー向けに9月1日より早期提供を始めた。利用可能になったユーザーのアプリには、「Spotifyカード」が追加される。すべてのPhilips Hue App 4ユーザー向け提供は、10月以降に開始する予定。

Philips Hue + Spotifyの紹介ビデオ(出典:Signify/YouTube)


CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]