AIカメラで店内状況をリアルタイムに可視化--ぐるなび、「ひろしま飲食店店内カメラ」

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ぐるなびは8月4日、AIカメラで飲食店の店内状況を可視化し、リアルタイムに発信するサービス「ひろしま飲食店店内カメラ」を、広島市流川・薬研堀・八丁堀・紙屋町の全飲食店を対象に本格リリースした。

 
 

 同サービスでは、飲食店にカメラを設置し店内の様子を撮影し、撮影した画像をAIが解析して自動で人物を匿名化。匿名化した画像は、1分おきに特設サイトで公開される。

 また、特設サイトでは画像が地図上に表示されるため、今いる場所から近いエリアで混雑を避けた店舗選びが可能となる。

 同サービスは、同社が広島県生活衛生同業組合連合会から受託し、広島観光連盟の「デジタル技術等を活用した観光地スマート化推進事業」の一環として実施するもので、2021年7月12日より、広島市流川・薬研堀・八丁堀・紙屋町の一部飲食店にて、先行リリースしていた。

 同社が2021年6月にぐるなび会員を対象に実施した調査では、外食してもよいと思う条件について、「隣席との間隔や店内のスペースが広く、ゆったりしているお店」が80.5%、次いで「来店客が少ないお店」が71.8%という結果になっていた。

 このような背景から、飲食店の店内状況を画像で可視化し、リアルタイムに発信することで、飲食店への送客につなげたい考え。

 同サービスの対象店舗については、ぐるなび店舗ページへの掲出も予定する。さらに、同サービスのリリースに合わせて、「席キープ」機能を新たに搭載する。

 同機能は、店内状況をもとに行きたい店舗を決定後、予約リクエストを送信できるようになるというもので、席の確保ができた場合は、15分間の席キープが可能となる。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]