Clubhouse、誰でも参加できるように--招待制を終了

Carrie Mihalcik (CNET News) 翻訳校正: 編集部2021年07月26日 09時31分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 音声ベースのソーシャルネットワーク「Clubhouse」が招待制を終了し、誰でも利用可能になる。Clubhouseは2020年にリリースされた際、シリコンバレーの内外で注目を集めた。

Clubhouse
提供:Clubhouse/Screenshot by CNET

 Clubhouseはベータ版を終了し、招待がなくても誰でも利用できるようになったことを明らかにした。

 共同創業者のPaul Davison氏とRohan Seth氏は、ブログ記事で、「ジェットコースターのような2021年上半期を経て、われわれは1月よりもはるかに大きく進化している」とし、「5月中旬に『Android』アプリをリリースしてから、1000万人がコミュニティーに加わり、先週『Backchannel』をリリースしてから、9000万通のDMが送られた」と述べている。

 Clubhouseは、ユーザーが仮想ルームに入室し、特定の話題に関する会話を聞いたり、会話に参加したりすることができる音声チャットアプリだ。ユーザーは、Clubhouse内で「Club(クラブ)」を作成したり、Clubに参加したりすることもできる。Clubは特定の興味に基づいたグループだとClubhouseアプリでは説明されている。

 Clubhouseは大型アップデートを1~2週間おきにリリースする予定だとしている。今回の新たなリリースは「Android」と「iOS」で利用可能になっている。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]