「ウェブの父」バーナーズ・リー氏、ソースコードのNFTを約6億円で売却

Oscar Gonzalez (CNET News) 翻訳校正: 編集部2021年07月01日 09時54分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NFT(Non Fungible Token:非​代替性トークン)には、相変わらず高い値が付く。希少価値があればなおさらだ。そして、ワールドワイドウェブ(WWW)の実際のソースコードほど希少なものが他にあるだろうか。

Tim Berners-Lee氏
Tim Berners-Lee氏
提供:Stephen Shankland/CNET

 ウェブの発明者であるTim Berners-Lee氏は、ウェブのソースコードのNFTを543万ドル(約6億円)で売却した。このNFTは、Sotheby'sのオークションに出品されていた。入札開始価格は1000ドル(約11万円)だった。このNFTには、ソースコードを含むタイムスタンプ付きファイル、コードが記述される様子を示したアニメーション動画、Berners-Lee氏からの手紙、同氏が作成したデジタルポスターが含まれている。売却による収益は、同氏とその妻が支持する取り組みに寄付される。

 NFTは、デジタル資産が本物であることを示す、ブロックチェーンで作成された証明書だ。NFTの購入者はその資産の著作権ではなく、その資産のデジタルトークンを所有することになる。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]