ポケットに入ってワイヤレス充電もできる多機能ジンバル「PowerVision S1」登場--Makuakeで支援募集

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「ジンバルを使ってスマートフォンでプロ並みの写真や映像を撮影したいけれど、サイズが大きくて持ち運びづらい」ーーそんな従来のジンバルの悩みを解決してくれる商品が、中国のPowerVision(パワービジョン)が開発した、4in1の折りたたみ式ジンバル「PowerVision S1」だ。

キャプション
「PowerVision S1」

 7月の一般販売に先駆け、5月25日から日本の応援購入サイト「Makuake」で支援募集を開始した。価格は超早割を適用した場合、税込9999円からとなっている。

 S1は、PowerVisionが長年ドローン開発で培ってきた技術を生かし、“折り畳んでから収納する”という独自デザインでジンバルの一体化に成功。ズボンのポケットにもすっぽりと収まる高さ約142mm、幅約58mmのコンパクトサイズ、298gの軽量さを実現し、鞄がない“手ぶら”な時でも、手軽に持ち歩けるジンバルとなっている。

PowerVision S1
PowerVision S1
ポケットにも入る折りたたみ式
ポケットにも入る折りたたみ式
キャプション
折りたたむと高さ約142mm、幅約58mmのコンパクトサイズを実現

 (1)高性能ジンバル、(2)マグネット式アクセサリーシステム、(3)ケースでスマートフォン保護機能&三脚スタンド、(4)モバイルバッテリー機能付きという、“4in1”であることもS1の特徴だ。

 まず、高性能ジンバルについては、同社がドローン開発で培った技術を生かした、3軸スタビライザーによって手ブレを防ぐほか、ジェスチャー遠隔操作&追跡や分身パノラマ、タイムラプス、3×3パノラマ、240度パノラマ、人物追跡、スマート編集とクイックシェアなど豊富な機能を備えている。

3軸スタビライザーによって手ブレを防ぐ
3軸スタビライザーによって手ブレを防ぐ
自動でジンバルを制御して常にベストアングルでとらえる「PowerFollowモード」
自動でジンバルを制御して常にベストアングルでとらえる「PowerFollowモード」
「3×3パノラマ」
「3×3パノラマ」

 また、「マグネット式スマホケース」によって、簡単にスマホとの着脱が可能。すでにスマホケースを使っている人向けの「マグネット式スマホスタンド」や、スマホケースとスマホスタンドを持っていて、ジンバルだけ使いたい人向けの「マグネット式スマホホルダー」なども選べる。

キャプション
簡単にスマホを着脱できる
簡単にスマホを着脱できる
マグネット式スマホスタンド
マグネット式スマホスタンド

 さらに、4120mAhの大容量バッテリーを搭載し、モバイルバッテリーとしてワイヤレス充電も可能。18WのPD充電に対応し、2時間でフル充電できるほか、ジンバルとしても最大15時間稼働するという。なお、ジンバルとして3時間使用した後でも、iPhone 12 Proを60%まで充電できるとのこと。

モバイルバッテリーとしても利用できる
モバイルバッテリーとしても利用できる
ワイヤレス充電にも対応したモバイルバッテリーとしても使える
ワイヤレス充電対応なのでAirPodsなども充電可能

 このほか、三脚スタンドを本体に内蔵しており、普段はスマホスタンドとして使うことも可能だ。たとえば、ジンバルを使わない時は、スタンドを使ってS1で撮影した映像をチェックしたり、ライブ配信をしたり、レシピ動画を見ながら料理をするといったことが可能になる。

三脚スタンドを内蔵
三脚スタンドを内蔵
三脚スタンドを内蔵し、どこでも映像を楽しめる
最適な角度で映像を楽しめる

 なお、6月中には専用アプリ「Vision+S1」をリリース予定。iOS 12.0以上、Android 7.0以上のOSに対応する。

【5月25日12時より応援購入サイト「Makuake」にて「PowerVision S1」プロジェクトが実施中】

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]