テスラ、ビットコイン支払いの受付を停止--環境問題を懸念

Kyle Hyatt (CNET News) 翻訳校正: 編集部2021年05月13日 11時19分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Teslaが3月にビットコインで自動車を購入できるようにして注目を集めたことを覚えているだろうか。その後の第1四半期決算ではビットコインの売却益1億100万ドル(約110億円)を計上して話題になった。その後は、仮想通貨に好意的なTeslaの姿勢に批判が集まった。仮想通貨のマイニングはエネルギーを大量に消費するからだ。

ビットコイン
Teslaのビットコイン支払いの受け付けは物議をかもしたが、長続きしなかった。
提供:Artur Widak/NurPhoto via Getty Images

 Teslaの最高経営責任者(CEO)であるElon Musk氏のツイートによると、同社は仮想通貨に対する姿勢を全面的に改めているようだ。同社は今後ビットコインによる車の購入を受け付けない。既に保有しているビットコインについても方針を改め、より効率的で環境に配慮したエネルギーを利用するようになるまで取引に利用しない。また、エネルギー消費量がビットコイン比で1%未満の他の仮想通貨の採用を検討しているという。

 4月のThe Vergeの報道によると、ビットコインのマイニングによる温室効果ガスの年間排出量は、香港の排出量と同等だという。排出量が大きくなるのは、大半のマイニングが中国で実施されているためだ。中国は、石炭など持続可能性の低いエネルギー源に大きく依存している。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]