logo

誰の声でもキャラの声に--DeNA、AIを活用した音声変換サービスのプロトタイプを公開

佐藤和也 (編集部)2021年05月12日 13時28分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ディー・エヌ・エー(DeNA)は5月12日、開発を進めているAIを活用した「音声変換AI」のトライアルを試験利用することができる「VOICE AVATAR 七声ニーナ」を公開した。PCやスマートフォンのブラウザ上で体験することが可能となっている。

「VOICE AVATAR 七声ニーナ」サイトイメージ
「VOICE AVATAR 七声ニーナ」サイトイメージ

 これは、自分の声で話しかけて音声を入力すると、その音声が七声ニーナ(CV:高田憂希)の声に変換されるというもの。VOICE AVATAR 七声ニーナでは、入力されたユーザーの音声から話者に依存しない音の情報を抽出し、それをもとにキャラクターの音声を生成。これにより誰の声であっても、事前にユーザーの音声を収録をしたり、文字起こしをしたりすることなく、自然なキャラクターの声に変換することを可能としている。同社ではトライアルを通じて、技術進化の方向性を検証するとともに、より大きな発展に向けた技術蓄積を行っていくという。

「VOICE AVATAR 七声ニーナ」技術解説
「VOICE AVATAR 七声ニーナ」技術解説

 現在もAIを用いた完全なキャラクター声の再現を目指し、音声変換の品質やパフォーマンスの向上に加え、従来では難しいとされている、興奮したり、落ち込んだりといった、話者の感情表現を含んだ音声変換の実現に向け、研究開発を進めているという。そして、例えばゲームキャラの声でボイスチャットしながらゲームをより楽しめる未来や、誰もがアバターにぴったりの声でライブ配信することにより、なりたい自分になり切れる未来を実現し、エンターテインメントとしての人格の拡張やさまざまな不便さの解消などを実現することを目指すとしている。

七声ニーナ:AIの力で、あなたの声の装いを、キャラクターの声に、感情表現もそのままに変換する VOICE AVATAR 第一号。ハッカドールシリーズの流れを汲む、VOICE AVATARのプロトタイプ。まだあまり音声変換が捗らない時もある
七声ニーナ:AIの力で、あなたの声の装いを、キャラクターの声に、感情表現もそのままに変換する VOICE AVATAR 第一号。ハッカドールシリーズの流れを汲む、VOICE AVATARのプロトタイプとなっており、まだあまり音声変換が捗らない時もある

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]