logo

アマゾン、新型「Fire HD 10」発表--税込1万5980円、ワイヤレス充電の上位モデルも

山川晶之 (編集部)2021年04月27日 22時00分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アマゾンジャパンは4月27日、新型タブレット「Fire HD 10」とその上位モデル「Fire HD 10 PLUS」、子ども向け「Fire HD 10 キッズモデル」を発表した。同日より予約受付を開始、5月26日より出荷開始予定だ。

キャプション
新型「Fire HD 10」

 新Fire HD 10では、デザイン面、性能面ともに手が加えられている。デザイン面では、Fire HD 8で採用された等間隔ベゼルを採用。前モデルと比べ、縦は15mm短く、横は6mm長くなっている。また、200万画素のフロントカメラは、横持ちにした際に中央上部に来るよう位置を変更。ビデオ通話などで使いやすくした。

キャプション

 スペック面では、前モデルより10%明るさを向上させた(400nits)新型10.1インチ液晶パネルを採用。解像度は1920×1200ピクセルとそのままだが、コントラスト比を800:1から1300:1に高めている。SoCは、2.0GHzオクタコアプロセッサを採用。RAMは、従来モデルの2GBから3GBに増量。リアカメラも200万画素から500万画素に刷新されている。

 microSDスロットは最大1TBまで対応。従来モデルと比べて、サイズは247×166×9.2mmと0.6mm薄くなったほか、重さは465gと39g軽量化された。インターフェイスは、USB-Cポート×1、3.5mmステレオジャック×1を内蔵。Dolby Atomos対応ステレオスピーカー、マイクを搭載する。

 アマゾンの音声アシスタント「Alexa」も利用でき、全画面に表示するShowモードや、Alexaアプリを利用する家族とのビデオ通話、天気、スケジュール、動画・音楽再生も話しかけるだけで使うことができる。さらに、スマートホームデバイスをまとめて管理・操作できる「デバイスダッシュボード」や、異なるアプリを同時に操作できる2画面機能を搭載。「Zoomに参加しながらメモをとる」といったことも可能になる。

キャプション
キャプション
キャプション

 これまで、コンテンツを楽しむ方向での利用が主だったFireタブレットだが、Fire HD 10では、作業ツールとしての訴求も行う。新たに、Bluetoothキーボードを内蔵したタブレットカバーをオプションとして用意したほか、Microsoft Office、Outlook、OneDrive(1TB)をセットにした「Microsoft 365 Personal 1年版」をセットにした「エッセンシャルセット」も用意する。

キャプション
キャプション

RAMが4GBになった上位モデルにキッズモデルも

 今回、Fire HD 10の上位モデルであるFire HD 10 PLUSをラインアップに追加。RAMを4GBに強化したほか、ワイヤレス充電に対応。ワイヤレス充電スタンドもオプションとして用意する。そのほかのスペックはFire HD 10と共通だが、重量は通常モデルより3g多い468gとなる。カラーは、スレート1色だ。

キャプション
新たに追加された「Fire HD 10 PLUS」
キャプション
キャプション
前モデルの「Fire HD 10」と新モデルのスペック比較

 キッズモデルは、Fire HD 10をベースに、キッズカバーや数千点の子ども向けコンテンツ「Amazon Kids+」、2年間の限定保証をセットにしたモデル。Amazon Kids+は、3〜12歳向けの絵本、知育アプリ、学習まんが、動画などを用意。今回新たに、音楽コンテンツ「USEN kids」もAmazon Kids+として提供される。表示するコンテンツやUIは、年齢に合わせて変更できるほか、コンテンツは、一度ダウンロードすればネットワークがない環境でも楽しめる。

キャプション
「Fire HD 10 キッズモデル」

 保護者向けのダッシュボード「ペアレントダッシュボード」も提供する。子どもがタブレットを利用できる時間を15分単位で設定できるほか、平日、週末で制限を変えることもできる。また、学習コンテンツのゴールを決めることで、学習目標を達成するまで、遊び系のコンテンツにアクセスできないように設定できるほか、就寝前の終了時間を調整できる「ベッドタイム設定」も利用可能だ。

キャプション
キャプション

価格は据え置き1万5980円から

 価格(すべて税込)は、Fire HD 10の32GBモデルが1万5980円、64GBモデルが1万9980円と既存モデルから据え置き。Fire HD 10 PLUSは、32GBモデルで1万8980円、64GBモデルが2万2980円。キッズモデルは、1万9980円だ。アクセサリとして、Bluetoothキーボード付きカバーが5980円、純正カバーが4780円、スタンド付きキッズカバーが3980円。PLUS専用のワイヤレス充電スタンドは5980円となっている。

キャプション
キャプション

 また、各種セットモデルも用意しており、PLUS専用のワイヤレス充電スタンドとのセットは、32GBモデルで2万2980円、64GBで2万6980円。キーボード付きカバー、Microsoft 365 Personalを含むエッセンシャルセットでは、Fire HD 10、キーボード付きカバー、Microsoft 365セットで32GBモデルが2万4980円、64GBモデルが2万8980円。PLUSモデルではそれぞれ3000円がプラスされる。さらに、PLUSのエッセンシャルセットにワイヤレス充電スタンドを付けたセットは、32GBモデルが3万5980円、64GBモデルが3万9980円となる。

キャプション

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]