NASA、火星ヘリコプター「Ingenuity」の初飛行に成功--地球以外の惑星では史上初の快挙

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米航空宇宙局(NASA)は、火星でヘリコプター「Ingenuity Mars Helicopter」の初飛行を成功させた。航空機が地球以外の惑星で動力飛行したのは、これが史上初。

火星でヘリコプターの飛行が成功(出典:NASA、ジェット推進研究所(JPL)、カリフォルニア工科大学(Caltech))
火星でヘリコプターの飛行が成功(出典:NASA、ジェット推進研究所(JPL)、カリフォルニア工科大学(Caltech))

 Ingenuity(インジェニュイティ)は、大気の極めて薄い火星でも探査にドローンが使えることを示すため、火星探査機「Perseverance(パーシビアランス)に搭載されて火星へ送り込まれた二重反転式ローター機。将来の探査ミッションでのドローン活用を想定した実証実験機で、特別な観測機器は搭載していない。機体の高さは49cm、重さは1.8kg、ローターの長さは1.2m。

Ingenuityを火星に下ろすPerseverance(左上から時計回り、出典:NASA、JPL、Caltech)
Ingenuityを火星に下ろすPerseverance(左上から時計回り、出典:NASA、JPL、Caltech)
Ingenuityのローター回転テスト(出典:NASA、JPL、Caltech)
Ingenuityのローター回転テスト(出典:NASA、JPL、Caltech)

 初飛行では、Ingenuityが最大高度の3mまで上昇し、30秒間高度を維持した後、高度を下げて着陸した。飛行時間は39.1秒だった。初飛行のようすは、Perseveranceが64.3m離れた位置からビデオ撮影した。

初飛行のようす(出典:NASA、JPL、Caltech/YouTube)


Ingenuityのカメラで撮影した飛行中の影(出典:NASA、JPL、Caltech)
Ingenuityのカメラで撮影した飛行中の影(出典:NASA、JPL、Caltech)

 NASAは、地球で初めて航空機の動力飛行を成功させたライト兄弟(Wright Brothers)に言及し、Ingenuityの初飛行した場所が将来「Wright Brothers Fieldと呼ばれるだろう」とした。

初飛行の成功データを受信した瞬間(出典:NASA、JPL、Caltech)
初飛行の成功データを受信した瞬間(出典:NASA、JPL、Caltech)

 ちなみに、Ingenuityは英語で「独創性、創意工夫」といった意味の単語。また、Perseveranceは「忍耐、不屈」といった意味の英単語。

Perseveranceによる自撮り(出典:NASA、JPL、Caltech)
Perseveranceによる自撮り(出典:NASA、JPL、Caltech)

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]