logo

カタール航空、コロナ対策で機内エンタメをスマホ操作可能に--BTイヤホンにも対応

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 カタールの航空会社であるQatar Airwaysは、同社が運行しているすべての「Airbus A350」において、搭乗客のスマートフォンから機内エンターテインメントシステム「Oryx One」を操作できるようにすると発表した。手を触れずに操作可能とすることで、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のリスクを下げられるという。

QRコードをスキャンして利用開始(出典:Qatar Airways)
QRコードをスキャンして利用開始(出典:Qatar Airways)

 搭乗客が自分のスマートフォンでOryx Oneを使うには、機内無線LAN(Wi-Fi)サービス「Oryxcomms」に接続してから、前席背面のディスプレイに表示されたQRコードをスキャンする。これで、4000種類以上のコンテンツが用意されたOryx Oneを、機内のディスプレイなどに触ることなく楽しめる。

 さらに、Qatar Airwaysの「Boeing 787-9」では、搭乗客が自分のBluetoothイヤホンを機内エンターテインメントシステムとペアリングし、Oryx Oneの音声を聴けるようになる。こちらの対応も、搭乗客が自分の所有物以外と接触する機会を減らすことで、COVID-19対策につなげる。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]