logo

ビル・ゲイツ氏、夢中になった「Netflix」のドラマや趣味を語る--「Clubhouse」で

Gael Fashingbauer Cooper (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 吉武稔夫 (ガリレオ)2021年03月01日 13時01分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 大富豪であるBill Gates氏もやはり人間であり、読んだ本について熱く語ることもあれば、一般的な人のようにテレビドラマの配信をビンジウォッチング(シリーズ作品などを一気に視聴)することもある。Gates氏は米国時間2月24日、招待制の音声SNSアプリ「Clubhouse」でジャーナリストAndrew Ross Sorkin氏と会話し、最近「Netflix」の番組に4時間も没頭したことを明らかにした。

Gates氏
提供:GatesNotes.com

 Gates氏は夕食後に本を読もうと腰を下ろしたが、そこでNetflixの番組「Lupin/ルパン」をクリックしてしまったという。Lupinはフランスのサスペンスドラマで、主演のOmar Sy氏が宝石泥棒になって父親の死の報復をする男を演じている。

 「気づいたら4時間経っていた」とGates氏は言う。「あの夜は本当に時が経つのを忘れてしまって、自分でも笑ってしまうほどだった。普段ならそんなことにはならないのに、あれには本当に乗せられてしまう。ただ座っていれば、すぐに次のエピソードが始まるのだから」

 Gates氏は、「(トランプゲームの)ブリッジをやる」と語った。また、テニスとピックルボールもするという。ピックルボールとは、同氏の出身地であるワシントン州で生まれた球技で、バドミントン、卓球、テニスを組み合わせたものだ。

 Gates氏は、ソーシャルメディアをそれほど使っているわけではなく、ニュースは直接The EconomistやThe New York Timesなどのソースにあたるようにしているという。Twitterで「バーナー(burner)」アカウント(著名人などが使う匿名のアカウント)を持っているかと聞かれた同氏は、持っていると答えたが、この言葉は使わなかった。

 「好きなように使っているTwitter(アカウント)と、公式のTwitterアカウントを持っている」とGates氏は述べた。「ほとんどの(ソーシャルメディア)サービスでも同様だ。公式の私がいて、それから『好きなようにやっている』私がいる」

 インタビューの様子はYouTubeで公開されている。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]