logo

米司法省、北朝鮮のハッカーを起訴--ソニーのサイバー攻撃や「WannaCry」に関与

Rae Hodge (CNET News) 翻訳校正: 編集部2021年02月18日 11時13分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米司法省(DOJ)は米国時間2月17日、北朝鮮のハッカー3人を起訴したと発表した。ハッカーらは、2014年のSony Pictures Entertainmentに対するサイバー攻撃、世界的に問題となったランサムウェアWannaCryの作成、米防衛請負業者に対する標的型フィッシング攻撃、複数の仮想通貨(暗号資産)企業のハッキングなど、一連のサイバー攻撃に関与したとされている。米政府による2018年の起訴内容を拡大し、被告2人と複数の罪状が追加されている。DOJによると、3人は世界中の銀行などの企業から13億ドル(約1400億円)の現金や仮想通貨を盗むなど「広範な共同謀議」に関与したという。

米司法省
提供:Bill Clark

 DOJによると、3人はサイバーセキュリティコミュニティーの間で「Lazarus Group」や「APT38」として知られ、北朝鮮軍のハッキング部隊に所属していた。このうち、Park Jin Hyok被告は、2018年訴追されている。

 司法省国家安全部司法次官補のJohn Demers氏は声明で、「本日の起訴で提示されたように、北朝鮮の工作員は、マスクや銃ではなくキーボードを使って、世界をリードする21世紀の国家関与型の銀行強盗となっている」とコメントした。

 また同日、「サイバー関連の銀行強盗」を含む、北朝鮮ハッカーの資金洗浄に関与したカナダ系米国人も起訴したと発表された。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]