logo

ZOZO、4人のリアルなバーチャルモデルを発表--“バーチャル試着”への応用も

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ZOZOテクノロジーズは2月9日、3DやAIを活用した「バーチャルファッション」プロジェクトを開始したと発表した。

キャプション

 同プロジェクトの第1弾として、同社のバーチャルヒューマン生成技術を使用した、4名のバーチャルファッションモデル「Drip」を用意。異なるファッションスタイルを持つ4名が、さまざまなコーディネートを着用し、Instagramおよび、TikTokにて活動を発信する。

 今後は、これらのバーチャル技術を使用することで、例えば商品ページを閲覧する際に体型・年齢に近いモデルの着用画像を自動的できるようになるほか、過去の購買データから好みのアイテムやスタイルを判断し、バーチャルモデルが着用した画像を生成。さらに、現実世界に実在しないモデルを使用することで、撮影や採寸などの省コスト化も可能だとしている。

 なお、バーチャルモデルの開発は、同社とディープフェイク技術において世界的第一人者であるHao Li氏が率いるPinscreenが共同開発。リアルな人間との判別が難しいクオリティを実現。顧客ひとりひとりに最適なモデル、着こなしを提供するパーソナライゼーションの構築、バーチャル上での試着などを目指す。

 同社は、「MORE FASHION×FASHION TECH」という経営戦略を掲げ、ファッション領域におけるテクノロジー活用を進めている。近年、バーチャル領域は急成長しているが、ファッション領域での活用は進んでおらず、新規事業の一環として研究開発を進めていたという。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]