logo

写真を撮るだけで全身を採寸、3Dアバターで可視化も--Bodygram

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Bodygram Japanは2月10日、自社開発のAI採寸テクノロジーを搭載したアプリ「Bodygram」(iOS/Android)において、3Dアバターによる体型トラッキング機能を追加したと発表した。アプリのアップデートにより利用可能となる。

キャプション

 Bodygramは、体重や身長などの数値入力および、スマートフォンにて正面と側面の全身写真を撮影することで、全身24カ所の推定採寸が可能。従来の仕様では、採寸した各部位のデータを数値のみで確認できた。

 今回追加された新機能を利用すると、採寸したデータを元に身体の形状をアプリ上で3Dアバターとして視覚化できる。3Dアバターで生成されたイメージは、アプリ上での回転やズームイン・アウトすることで、普段は見ることのできない角度から自身の体型を客観的に観察・分析することも可能。

 また、採寸データを蓄積することで体型変化の推移も3Dイメージで記録・確認可能になる。

キャプション

 同機能により、具体的に自分の身体の形状を把握し、トレーニングやダイエット、体調管理などに役立てやすくなったという。

 さらには、AppleのヘルスケアAppとの連携にも対応。最も体型の変化を実感し易いウエストの推移も簡単にトラッキングできる。また、個人ユーザーによる使用だけでなく、既存のフィットネスビジネスでも差別化ツールとして導入することで、ジムやトレーナーが体型データを活用しトレーニングメニューの計画・実行・ゴール設定などに活用できるとしている。

 同社では、フィットネステック領域でのBtoB連携を視野に開発しており、既にいくつかのブランドとの交渉を開始している。今後、オンラインジムコンテンツ、バーチャルワークアウト、フィットネスゲームの分野においても活用を広げていく方針だ。

キャプション

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]