サンワサプライ、勤怠管理にも活用できる圧力センサー内蔵の着座検知クッション

佐藤和也 (編集部)2021年02月05日 14時34分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サンワサプライは2月5日、座ると圧力を検知する圧力センサー内蔵クッション「SNC-CS1-BLE」を発売した。価格は1万9800円(税別)。

圧力センサー内蔵クッション「SNC-CS1-BLE」
圧力センサー内蔵クッション「SNC-CS1-BLE」

 内部にBLEビーコンと圧力センサーを内蔵。SSSクラウドサービスを利用することによって、オフィスの着座状況などがひと目で分かるようになるというもの。リアルタイムで着座状況をモニターできるため、勤怠管理に利用できるほか、会議室など共有スペースの予約管理などにも活用できるという。また公共施設や店舗などで使用することで、混雑状況をウェブサイトを通じてユーザーが把握できるようになるなど、さまざまな業種で活用できるとうたう。着座データのログは、CSVデータとして書き出して管理することが可能となっている。

 クッションは座り心地や耐久性に優れたモールドウレタンを採用。取り付け用の紐が付属しており、どんなチェアにも簡単に取り付けらる。サイズは幅395mm×奥行395mm×高さ38mm。

「SNC-CS1-BLE」の特徴
「SNC-CS1-BLE」の特徴
利用イメージ
利用イメージ

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]