デジタルが苦手な人により優しいサービスを--レノボ×富士通、FCCLから1000日の歩み

坂本純子 (編集部)2021年01月31日 15時00分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2018年5月、レノボ・富士通のジョイントベンチャーとして設立された富士通クライアントコンピューティング(FCCL)は、1月25日に設立1000日目を迎えた。

 レノボ傘下となった今も「富士通FMV」ブランドでの販売を継続しながら、世界屈指のレノボの調達力とスケールメリットを生かし、事業展開を進めてきた。具体的にどのように1000日を歩んできたのか。オンライン発表会「FCCL DAY1000 Memorial Reception(DAY1000)」を開催。事業の再編やコロナ禍を背景に企業カルチャーを変革し、AIアシスタント「ふくまろ」を活用したデジタルディバイドを解決する新サービスのプレテストの模様、今後の事業展開などについて紹介した。

オンライン発表会「FCCL DAY1000 Memorial Reception(DAY1000)」を開催
オンライン発表会「FCCL DAY1000 Memorial Reception(DAY1000)」を開催

FCCLの環境や企業カルチャーも改革

 FCCL 代表取締役社長の齋藤邦彰氏は、約40年間に渡ってPC、ワークステーション、IoTの製品サービスを提供してきたことを振り返りながら、「FCCLのフィールドは広がっている。現在、これからの社会課題を見据えたときにコンピューティングがやることはまだまだある」と意気込みを見せた。

FCCLのフィールド
FCCLのフィールド
NECパーソナルコンピュータ 代表取締役 執行役員社長/レノボ・ジャパン合同会社 代表取締役社長のデビット・ベネット氏もコメントを寄せた。世界最軽量のノートPCも素晴らしいが、「バッテリが切れそう」とし、手にしていたLIFEBOOKからNEC PCの約24時間駆動するLaVieに切り替え、「切磋琢磨してお互い盛り上げていきましょう」と双方をアピールした
NECパーソナルコンピュータ 代表取締役 執行役員社長/レノボ・ジャパン合同会社 代表取締役社長のデビット・ベネット氏もコメントを寄せた。世界最軽量のノートPCも素晴らしいが、「バッテリが切れそう」とし、手にしていたLIFEBOOKからNEC PCの約24時間駆動するLaVieに切り替え、「切磋琢磨してお互い盛り上げていきましょう」と双方をアピールした

 現状について、「コロナ禍におけるニューノーマルライフで働き方や働く場所が変化し、価値観も大きく変わった。PCも、仕事の時間と個人の時間の垣根がなくなってきている。そしてオンライン化が加速する一方で、オンライン生活に関するお客様の困りごとも増えている」と説明する。

新型コロナウイルスの影響によるテレワーク等の拡大から、当初の市場予測に反して上向いた
新型コロナウイルスの影響によるテレワーク等の拡大から、当初の市場予測に反して上向いた

 FCCLの環境や企業カルチャーも改革した。新川崎に本社、田町に東京オフィス、武蔵中原にR&D開発センターの3拠点を持つ。これらの3拠点を相互に連携。特に配慮したのは、エンジニアのコミュニケーションという。

新川崎に本社、田町に東京オフィス、武蔵中原にR&D開発センターの3拠点を持つ
新川崎に本社、田町に東京オフィス、武蔵中原にR&D開発センターの3拠点を持つ

 新川崎の各フロアにはカウンターテーブルを設け、あえて周囲から見えるところで「最軽量PC検討会」などの開発会議を実施するようにし、直接の担当でなくても情報が目に入るようにし、ほかの開発に口を出すことも自然に起きるようにし、開発の活性化図った。

 そうした中でコロナ禍が起き、FCCLも出社を必要最低限におさえ、テレワークが中心となっている。そうした中でも開発を止めず、従来とは大きく異なる環境の中でも世界最軽量のPCとなる634gの超軽量13.3型ノート「LIFEBOOK UH」が生み出せたという。

200年に発売した634gの超軽量13.3型ノート「LIFEBOOK UH」
200年に発売した634gの超軽量13.3型ノート「LIFEBOOK UH」

 ITやPCを活用した生活のプロフェッショナルであるFCCLの社員の工夫は、顧客への提案にもつなげられる。新川崎本社に、情シス部門の精鋭メンバーで構成した社員向けのITサポートサービス「TechPit」を設置。

 端末の手配から社員の通信環境の整備、社員の出社状況、PCの利用状況などをデータで把握することによって、在宅ワークのルール構築などをし、かなり早い段階から安定した在宅ワークができたと説明した。

 FCCL社員の困りごとや問い合わせは、商品企画やサポート、開発などにも共有され、製品開発の向上につなげているという。

FCCL社内の知見を商品開発やサポート、開発に生かす
FCCL社内の知見を商品開発やサポート、開発に生かす

ネット環境の使いこなしで生活のしやすさに格差

 「ネットで先行予約」「PC、スマホからなら○%オフでお得」「続きはウェブで」「ネットなら簡単」――そうしたキーワードが飛び交う昨今。コロナ禍で加速するオフラインからオンライン化へのシフトは、そうした環境を使いこなせるかどうかによって生活のしやすさに格差も生まれている。

現在開発しているサービスの特徴
現在開発しているサービスの特徴

 コミュニケーションの方法や質が変わってきていることを受けて、FCCLは「デジタルが苦手なお客様に、徹底的に優しいサービスを提供する」とし、現在開発中のサービスを説明した。

 PC内にいるアシスタントキャラクターのふくまろと会話することで、ユーザーのリクエストを整理した後、ベテランのオペレーターにつなげて画面共有をしながら効率よく作業を進められるというもの。今もオペレーターサービスはあるが、オペレーターと画面が共有されるまでに時間がかかるなど十分ではないとした。

「オークションに出したい」という要望に対し、IDの取得確認から手伝ってくれる
「オークションに出したい」という要望に対し、IDの取得確認から手伝ってくれる

 FCCLは今後も、富士通パソコンFMVをはじめとしたコンピューティング技術を通じて多様化するニーズにいち早く対応し、「世界一、お客様に優しいコンピューティング会社」として成長、発展し続けるとした。

キャプション

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]