トランプ政権、中国のシャオミを投資禁止リストに追加

Daniel Van Boom (CNET News) 翻訳校正: 編集部2021年01月15日 13時10分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 任期終了を間近に控えたDonald Trump大統領が、さらに1社、中国の大手IT企業に厳しい措置を講じた。米国時間1月14日、Trump政権は小米科技(シャオミ)を他に8社とともに「Communist Chinese military companies」(共産主義中国の軍事企業)のリストに加えると発表した

Donald Trump大統領
提供:Mandel Ngan/Getty

 米国防省により同リストに登録された企業は、米国の個人や法人からの投資が受けられなくなる。認定が取り消されない限り、米国内のシャオミの株主は持ち分を売却しなければならない。

 シャオミは世界最大級のスマートフォンメーカーのひとつで、IDCの調査によると、スマートフォンの販売台数はサムスンと華為技術(ファーウェイ)に次ぐ世界3位だ。

 今回のリストは、米国企業との取引を禁じる米商務省の「Entity List」とは異なる。ファーウェイはEntity Listに追加されたため、最近の同社製スマートフォンは米国製の半導体抜きで構成されており、また「Google Play」ストアへのアクセスもできない。

Redmi Note 9T
シャオミの「Redmi Note 9T」
提供:Xiaomi

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]