Airbnb、ワシントンDCの宿泊予約をキャンセル--就任式に向け警戒

Rae Hodge (CNET News) 翻訳校正: 佐藤卓 長谷睦 (ガリレオ)2021年01月14日 10時57分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Joe Biden次期大統領の就任式が開催される米国時間1月20日が迫る中、AirbnbがワシントンDC都市部におけるその週の宿泊予約をキャンセルおよび停止すると、13日に発表した。6日に起きた米連邦議会議事堂の襲撃事件を踏まえて、地元および連邦当局が市民に対し、就任式を目的にワシントンDCを訪れないよう要請したことを受けたものだ。

Airbnbのロゴ
提供:Angela Lang/CNET

 Airbnbはこれに先立つ11日、議事堂襲撃事件への関与が明らかになった人物によるサービスの利用を禁止し、ワシントンDC都市部の宿泊予約をくまなく調べ、就任式の期間中にヘイトを煽る集団が自社のプラットフォームを利用できないようにするとしていた。Airbnbは以前から、暴力的な集団や差別を助長する集団を自社プラットフォームから締め出す取り組みを続けており、今回の動きもこうした方針に沿ったものだ。

 「予約をキャンセルされたゲストは全額払い戻しを受ける。ホストにも、キャンセルされた予約によって得られるはずだった金額をAirbnbの負担で払い戻す」と、同社は13日の発表の中で説明した。

 Airbnbによれば、同社は連邦議会議事堂での暴力的な犯罪活動に関与した多数の人物の名前を把握して身元を特定し、自社プラットフォームから排除しているという。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]