SIE、PS5向けローグライクシューティング「Returnal」を3月19日発売

佐藤和也 (編集部)2020年12月11日 19時02分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)は12月11日、PS5用ソフト「Returnal」(リターナル)を、2021年3月19日に発売すると発表した。価格はパッケージ版が7900円(税別)、ダウンロード版が8690円(税込)。

 本作は、ゲームオーバーのたびに世界の姿と使用可能な装備が変わっていく、新感覚ローグライクTPS(三人称視点シューティングゲーム)。姿を変える謎の惑星を舞台に、不時着した主人公セレーネは、生き残るために戦うものの、迫りくる異形の敵によって命を落とす。しかし、「死」という概念が存在しない惑星であるため、セレーネは再び目覚め、死の無限ループを繰り返す。ローグライクなプレイで、ゲームオーバーのたびに世界が変わり、使える装備も変化。新たなループが始まるごとに、新しい装備の組み合わせを見つけ出し、最適な戦略を考えていく内容となっている。

 発表にあわせて12月11日から全国のPlayStation取扱店、各種ECサイトおよびPS Storeにて、本作の予約購入の受付を順次開始する。またPS Storeにて、本作のダウンロード版とさまざまなアイテムをゲーム本編とセットにした、デジタルデラックス版の予約受付を開始した。価格は9790円(税込)。

「Returnal」スクリーンショット
「Returnal」スクリーンショット

(C)2021 Sony Interactive Entertainment Europe. Developed by Housemarque Oy.

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]