ソニー、米アニメ配信大手「クランチロール」運営会社を約1222億円で買収

山川晶之 (編集部)2020年12月10日 12時46分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーは12月10日、同社子会社のSony Pictures Entertainment(SPE)と、ソニー・ミュージックエンタテインメント傘下のアニプレックスとの合弁会社であるFunimation Global Groupが、AT&T子会社のEllation Holdingsを買収したと発表した。買収額は11.75億ドル(約1222億円)に上る。

 Ellation Holdindsは、AT&TのWarner Mediaセグメントに位置するアニメ配信事業「Crunchyroll(クランチロール)」を運営。同サービスは、200以上の国と地域で9000万人の登録ユーザーを有しており、300万人以上のサブスクリプション加入者を抱える。AVOD、モバイルゲーム、マンガ、イベント、キャラクターグッズ、配信サービスなどを提供している。

 SPE会長兼CEOのトニー・ヴィンシクエラ氏は、「Crunchyroll と協力して、ファンに最高の体験を提供し、日本やその他地域のクリエイター、プロデューサー、パブリッシャーへ大きな機会を提供していきます」とリリースでコメントしている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]