グーグル、2年以上放置されたアカウントのデータを削除へ--GoogleフォトやGmailなど

山川晶之 (編集部)2020年12月07日 18時59分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 グーグルは12月7日、Googleフォト、Gmail、Googleドライブ(Google ドキュメント、スプレッドシート、スライド、図形描画、フォーム、Jamboard、サイトのファイルを含む)のサービスポリシーを、2021年6月1日に変更すると発表した。

 新しいポリシーでは、2年以上利用していないサービスに対して、データを削除する可能性があるとしている。保存容量を超過したアカウントも同様で、こちらも2年以上データを削除したり、追加容量を購入したり、超過後の対策をしていない場合も削除の対象に入る。早ければ、2021年6月1日よりポリシーに基づく処理が実行される。

 ユーザーには、削除する3カ月前に対象サービス内での通知や案内メールを送付。追加の保存容量の購入やファイルの消去方法など、削除を回避する方法を紹介する。同社のストレージ管理ツールからも空き容量を増やす方法を確認でき、クラウドのファイルをデバイスにダウンロードして容量を確保することもできる。

 データ削除の対応は、ストレージ超過と未利用で異なる。前者を2年以上放置していた場合、Gmail、ドライブ、フォトからすべてのコンテンツが削除される一方、後者については利用していないサービスのみ削除される。

 グーグルでは、データを有効な状態で維持する方法として、アカウントにログインし、インターネットに接続した状態で各サービスを定期的に利用するのが最も簡単な方法だとしている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]