logo

アウディ、EV向け技術開発を強化--2025年までの5年で1兆2660億円投入

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Audiは、電気自動車(EV)やハイブリッド車(HV)の開発体制などを強化するため、2021年から2025年の5年間で約350億ユーロ(約4兆4301億円)投資していくと発表した。

EV開発体制を強化(出典:Audi)
EV開発体制を強化(出典:Audi)

 投資の目的は、自動車を取り巻く環境の激変に対応すること。予算のおよそ半分に相当する約170億ユーロ(約2兆1521億円)を、EV技術とHV技術、そしてコネクテッドカーなどのデジタル化技術に割り当てる計画。このうち、100億ユーロ(約1兆2660億円)をEV向け技術、50億ユーロ(約6330億円)をHV向け技術へ集中的に投ずるという。

 Audiは、Volkswagen(VW)のグループ企業として、グループで約300種類以上ある全モデルにEV/PHVを設定する「Roadmap E」計画も推進していく。同グループのEVプラットフォーム「MEB」を採用するほか、同じグループ企業のPorscheとEVプラットフォーム「PPE」の共同開発にも取り組む。

 なお、Audiは2025年までに、電動車の種類を30モデル程度まで増やし、バッテリ駆動型EV(BEV)を約20モデル用意する計画だ。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]