IDOMが新会社「FMG」を設立--アフリカで誰でも安全に車のオーナーになれる新事業

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 中古車買取販売「Gulliver(ガリバー)」を運営するIDOMは10月26日、同社が展開しているアフリカ事業をスピンオフし、新会社となるFMGを設立したと発表。また、創業期からスタートアップに投資・成長支援するサムライインキュベートが、子会社のサムライインキュベートアフリカが運営するSamurai Africa Fund 2号を通じて、FMGへの出資・成長支援を決定し、代表取締役の榊原健太郎氏がFMGの社外取締役に就任した。

キャプション

 IDOMでは、2017年よりアフリカ現地での調査をスタートし、クルマの流通構造や金融サービスなどの検証を行いながら、新たな中古車流通の形を模索していたという。今回設立されたFMGは、IDOMが展開しているアフリカ事業を引き継ぐ新会社となる。

 FMGでは、IDOMで得た流通ノウハウやリソースを強みに、アフリカ諸国における流通構造の変革を通じた新たなビジネスモデルの構築や、サービス改善・拡張を進めるという。

 これまで展開してきたスキームでは、配車サービス企業や銀行と連携しながら、IDOMが推奨車両を決定・提供してきた。これに加えてFMGでは、ドライバーを組織化し、ドライバーへと直接中古車を貸与すると同時にファイナンスもするという。

 
 

 FMGと配車サービス企業は、顧客属性、支払履歴、保証人、走行履歴など、これまで可視化されていなかった良質な働き手の信用情報データを蓄積・共有連携し、FMGから配車サービス企業に、車両とドライバーをセットにして提供する。これにより、与信を取ることができなかった人でも、車を入手して配車サービスで仕事ができるようになるとしている。

 また、FMGが良質な中古車を直接日本からアフリカへ輸出することで、構造をシンプルにし、相対的に割安な価格かつ、ドライバーが安心して日本の中古車を手に入れられるという。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]