logo

PayPay、スタートアップによるミニアプリ開発を促すアクセラレータープログラムを開始

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 PayPayは10月26日、YJキャピタルおよび、East Venturesと、スタートアップ企業を対象に、参加企業の成長支援と「PayPay」のミニアプリ機能拡充を目的とした「PayPay Accelerator Program」の提供を開始すると発表した。

 PayPay Accelerator Programは、同社とYJキャピタル、East Venturesの3社が協同で提供するプログラム。参加するスタートアップ企業に対し、同社による技術的支援とYJキャピタルおよび、East Venturesによるビジネス面でのメンタリングサポートを実施する。

 参加対象となるのは、自社提供のプロダクトがすでにあり、シリーズA以前のスタートアップ企業。業種は問わない。同プログラムで完成したプロダクトをPayPayのミニアプリとして提供できるという。また、同社では26日より開発者向けツール「PayPay for Developers」上でミニアプリに関するオープンAPIの提供を開始している。

 なお、PayPay Accelerator Programの募集開始にあわせ、海外のミニアプリのユースケースなどを紹介するイベントや、同プログラムの説明会を定期的に開催する予定。イベント内容は、同プログラム紹介ページやYJキャピタルとEast Venturesが共同運営する「Code Republic」のTwitterアカウントで告知するという。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]