logo

東証がシステム障害で全銘柄の売買を停止--10月1日は終日停止、復旧は未定

藤井涼 (編集部)2020年10月01日 11時35分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 東京証券取引所は10月1日、相場情報の配信システムに障害が発生しており、東京証券取引所における全銘柄の売買とToSTNeT(Tokyo Stock Exchange Trading NeTwork System)を停止したことを発表した。

 そのため、発出された相場情報については無効になるという。復旧については現在のところ未定としているが、今後の予定は改めてアナウンスするとしている。

 【追記:10月1日12時】東京証券取引所は、10月1日の全銘柄の売買を終日停止することを発表した。なお、大阪取引所の売買は通常通り実施されているという。

 【追記:10月1日17時30分】システム障害について、ハードウェアの障害および障害の起こった機器からバックアップへの切り替わりが正常に行われなかったことが原因だと説明した。ハードウェアについては交換を予定しており、そのほかメンテナンスなどを含め、10月2日以降、正常な売買ができるよう対応をしているという。

 【追記:10月1日21時】市場再開に向けて問題なく対応を進めており、10月2日の東京証券取引所における立会内取引およびToSTNeT取引については通常通り売買を行う予定だと発表した。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]