logo

iPad無印モデルに第8世代が登場--「A12 Bionic」に刷新、税別3万4800円から

山川晶之 (編集部)2020年09月16日 03時29分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleは9月16日、iPadの第8世代モデルを発表した。価格はWi-Fi・32GBモデルで329ドル(日本では税別3万4800円)からとなっており、学生・教育機関向けは299ドルからのスタートとなる。米国では16日より予約を開始。発売は金曜日を予定している。

キャプション
第8世代「iPad」

 第8世代は、第7世代とデザインは変わっておらず、引き続き10.2インチ「Retina Display」を搭載。SoCは、A10からA12 Bionicチップに刷新され、CPUは40%高速化、GPUは2倍高速になっているという。A12を採用したことで、Neural Engineが利用可能。機械学習を活用したアプリが快適に利用できるようになる。

キャプション
「iPad」の主要な特徴

 Apple Pencilは引き続き第1世代が利用可能。フロントには、FaceTime HD Camera、リアには800万画素カメラを搭載するほか、Smart Connectorを内蔵。Apple SmartKeyboardや、ロジクールが販売するキーボードアクセサリが利用できる。また、LTEはギガビットクラスに対応する。

 ボディは、100%再生アルミニウムを採用。10時間のバッテリー駆動が可能だ。なお、充電器はUSB-Cポートを搭載するタイプが付属する。

キャプション
「iPad OS 14」により、すべての入力フィールドで手書きが使える「スクリブル」などが利用できる

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]