logo

Nature、電力消費量を数分単位で表示可能に--「Nature Remo Eシリーズ」

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Natureは8月18日、HEMSシステム「Nature Remo(ネイチャー リモ) Eシリーズ」アプリの機能アップデート実施を発表。1日の電力消費量を最短数分単位で閲覧ができるようになった。

「Nature Remo E lite」グラフ
「Nature Remo E lite」グラフ
「Nature Remo E」グラフ
「Nature Remo E」グラフ

 「Nature Remo E」は、家庭向けのHEMSシステムで、連携した家庭の蓄電池を、スマートフォンの「Nature Remoアプリ」からコントロールできる。

 これまでNature Remo Eシリーズでは、Nature Remoアプリから、1時間ごとの電力消費量、太陽光発電量、電力売電量・買電量、蓄電池の充電量・放電量の推移をモニタリングできるグラフを提供してきた。

 今回のアップデートでは、瞬時電力の値を用いることにより、ユーザーから要望が多かった「より細かなグラフ表示」を実現。数分単位でのグラフ表示が可能となった。

 これにより、エアコンをONにした際の電力使用量を可視化できるなど、ユーザーの日々の電力消費状況を見直すとともに、電気の使いすぎ防止や、節電意識の高まりが期待できるとしている。

 さらに、スマートリモコンNature Remoシリーズと組み合わせて使用すると、例えば「電力使用量が2000Wを超えたら、エアコンを自動的にOFF」のような制御で、電力使用量に合わせた、家電の自動制御が可能となる。

 なおNatureでは、電力の消費状況のモニタリングに機能を絞ったエントリーモデル「Nature Remo E lite」の税込価格を1万6280円から1万4800円に改定した。

「Nature Remo Eシリーズ」
「Nature Remo Eシリーズ」

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]