logo

バンナム、池袋のVRエンタメ施設「MAZARIA」を8月31日で閉場

佐藤和也 (編集部)2020年07月31日 16時34分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 バンダイナムコアミューズメントは7月31日、東京・池袋のサンシャインシティ ワールドインポートマートビル3階にて運営している、エンターテインメント施設「MAZARIA」について、8月31日にて閉場すると発表した。

 MAZARIAは、「マリオカートアーケードグランプリVR」(マリオカートVR)や「エヴァンゲリオンVR The 魂の座 暴走」「ドラゴンクエストVR」など、最先端のVR技術と独自の体感マシンなど、最新技術を活用したアクティビティを多数設置した施設として、2019年7月にオープンした。

人気アクティビティのひとつ「マリオカートアーケードグランプリVR」
人気アクティビティのひとつ「マリオカートアーケードグランプリVR」

 なお、開催延期となっていたコラボレーションイベントは「エヴァンゲリオンVR 始動、イケブクロ作戦」については、閉場にともない中止すると発表。キャラクターステージイベント「CG STAR LIVE」については、今後も展開を継続するとし、開催場所や時期などは決定次第あらためて告知するとしている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]