logo

不動産仲介のDXを後押し--部屋探しアプリ「カナリー」のBluAgeが約3億円の資金調達

加納恵 (編集部)2020年07月30日 10時56分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 部屋探しアプリ「CANARY(カナリー)」を運営するBluAgeは、Angel Bridge、東大創業者の会応援ファンド、SMBCベンチャーキャピタル、個人投資家などから約3億円の資金調達を実施したと発表した。不動産仲介業務におけるデジタルトランスフォーメーションを推進する。

 カナリーは、管理会社と提携して物件情報をデジタル化し、自動掲載ができる部屋探しアプリ。不動産エージェントは面倒な広告掲載作業から解放され、顧客対応に集中できることが特長だ。内見は現地待ち合わせ現地解散、契約はオンラインで完結という効率的かつ柔軟な業務も進める。

サービスのイメージ
サービスのイメージ

 リリースから約1年間で16万件以上のダウンロード、内見依頼2万件以上の実績を持ち、7月からはアプリ内において売買版を正式リリース。ヤフーと売買物件情報における事業提携も結び、不動産ポータルサイト「Yahoo!不動産」が扱う約30万件の物件情報をカナリーにも掲載する。

 BluAgeでは、不動産業界でデジタルトランスフォーメーションを推し進めることで、ユーザーに透明性の高い情報と効率的なプロセスを提供し、不動産エージェントの生産性向上によって、よりよい部屋探しのユーザー体験を追求していく。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]