logo

ソフトバンクグループ、唾液PCR検査のための新会社設立

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソフトバンクグループ(SBG)は7月29日、新型コロナウイルス検査における唾液PCR検査を低価格・高頻度で提供することを目指す子会社として「新型コロナウイルス検査センター」を設立したと発表した。

 新型コロナウイルス検査センターは、新型コロナウイルス感染症対策として、PCR検査の高頻度実施によるクラスターの抑制、早期発見および、拡大防止に関する効果検証を行うことを目的とする共同研究を進めるべく、国立国際医療研究センターと協議を行っているという。

 同社では、国立国際医療研究センターの協力を得て、まずは同社グループ従業員を対象に唾液を用いた新型コロナウイルスのPCR検査を試験的に開始する意向。また今後は、福岡ソフトバンクホークスの選手に対しても新型コロナウイルス検査センターが検査を提供するという。

 さらに、検査を希望する自治体や法人などに対しても、実費負担だけで唾液PCR検査を提供できる環境整備を進める。なお、仮に利益が出た場合は医療機関などへ寄付するとしている。

 同社は、全国の医療機関や同社グループの従業員、取引先などに所属する4万4066人を対象に実施した抗体検査の結果を2020年6月9日に公表。その中で、抗体検査と唾液PCR検査を組み合わせたグループ全社員への自主検査を徹底し、社員の感染リスクを低減することで、社内環境の整備と適切な企業活動を推進する出口戦略「ソフトバンクモデル」の構想を発表。今回の取り組みは、その発展的な展開を目指すものになるという。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]