logo

アクシスの電子薬歴サービスとドコモの「おくすり手帳システム」が連携

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アクシスは7月14日、同社が提供するクラウド型電子薬歴サービス「MEDIXS 2」において、NTTドコモが提供する「おくすり手帳システムサービス」と連携を開始したと発表した。

 
 

 MEDIXS 2は、薬歴情報をクラウドサーバー上に保存し、インターネットブラウザ経由でアクセスする電子薬歴サービス。PCやタブレットで利用ができるため、訪問先や自宅からでも薬歴の記入や確認が可能。システムのアップデートも自動で行われ、現場での更新メンテナンスやバックアップは不要。

 また、訪問調剤および、訪問薬剤管理指導の計画書・報告書・服薬情報などの提供書の作成機能も搭載。遠隔・オンライン服薬指導にも対応する。

 おくすり手帳システムサービスは、NTTドコモの「おくすり手帳Link」において、薬局向けに提供しているシステム(患者のアプリに登録された調剤情報や服薬情報を閲覧する「お薬情報参照画面」や処方箋の事前送信予約内容を確認する「処方箋受付システム」などの画面)の総称。

 
 

 同連携により、おくすり手帳システムサービスに掲載された患者の医薬情報が、シームレスにMEDIXS 2へと反映される。

 これにより、MEDIXS 2がおくすり手帳システムサービスのデータにオンライン上で直接問合わせて併用薬の候補を表示。服薬指導や薬歴簿への登録もワンクリックで行えるようになる。

 具体的には、MEDIXS 2上で患者のお薬手帳情報が閲覧できるほか、薬剤師による手入力が不要となり、併用薬の登録が簡単に行えるという。

 
 

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]