logo

「The Last of Us Part II」が発売3日間で世界実売400万本--SIEのPS4ソフトで最速

佐藤和也 (編集部)2020年06月27日 07時30分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)は、6月19日に発売したPS4用ソフト「The Last of Us Part II」について、発売から3日間で全世界累計実売本数が400万本を突破したと発表。SIEが発売したPS4用ソフトとして過去最速記録としている。

 本作は、SIEワールドワイド・スタジオ(SIE WWS)のひとつであるNaughty Dog (ノーティードッグ)が開発。全世界で200以上のゲームアワードを受賞した前作「The Last of Us」から7年ぶりの続編となっている。

世界中で何百万人もの方々が発売後すぐに「The Last of Us Part II」をプレイして、その体験を共有してくださったことに、言葉では言い尽くせないほど感謝しています。今回私たちは、難しいテーマを扱っており、思わぬ形でプレイヤーのみなさんに衝撃をもたらす新たな物語をお届けしようとチャレンジしました。本作の体験がこんなにも多くの方の心を動かし、議論が尽くされていることを見るにつけ、胸が一杯になります。また、フォトモードで撮影された驚くほど魅力的な画面写真や見事なまでのゲームプレイGIF、エリーのギターで奏でられた楽曲の数々など、プレイヤーのみなさんの創造性に刺激を受けています。

「The Last of Us Part II」は、ノーティードッグの何百人もの才能ある熱心な開発メンバーの努力の結晶です。プレイヤーのみなさんが、私たちと同じ熱量でプレイしてくださっていることは、私たちにとってこの上ない名誉です。このような素晴らしい数字の達成を支えていただき、ありがとうございました。
(ノーティードッグVP兼「The Last of Us Part II」ディレクター ニール・ドラックマン)

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

  • 次の一手はこれだ!

    ZDNet×マイクロソフトが贈る特別企画
    今、必要な戦略的セキュリティとガバナンス

  • DX時代の内部不正対策

    リスクの顕在化を防ぐチェックポイントを
    マイクロソフトと弁護士の対談から探る

  • BCP対策:後編

    今、改めて考えたい、VDIのメリットと課題

  • RPA特集

    同僚はITシステム?業務自動化は人+IT

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]